服のしろ

nichijo

大学2年休学、NZへワーホリ

NZワーホリですぐに働きたい人は気をつけて【私の経験談】

ワーキングホリデービザは働くことが許されているビザです。

だから少ない資金でも海外に長期滞在できる。

 

到着後すぐに働こうと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな人に向けて、私が経験したことをシェアしたいと思います。

 

NZで働くために必要なものは?【ワーホリ】

f:id:nokakamon:20180415145229p:plain

  • IRDナンバー

このIRDナンバーとは?

納税者番号というもので、働くためには必ず必要なもの。

オンラインから、もしくは書類を郵送して申請できるものらしく、郵送の場合はIRDナンバー交付に2週間ほどかかることもあるみたいです。

 

(なお私はこれからお話することが原因で、まだ申請できていません。)

 

IRDナンバーを取得するために必要なもの

  • 現地の銀行口座があると証明するもの
  • パスポート
  • ワーキングホリデービザのコピー
  • 住所証明 (日本の住所ではないよ!)

上記の中でおそらく全員が持っていないものが2つ。

『銀行口座』と『住所証明』

 

まず銀行口座から。

 

現地の銀行口座開設に必要なもの

  • パスポート
  • 住所証明
  • マイナンバー(←ここも結構、要注意)

マータ出てきた住所証明。

じゃあこの住所証明はどうしたらいいのか?

 

ワーホリで住所証明はどうすればいいか?

バッパーに滞在している場合

バッパーの人に住所証明となる書類を書いてもらう。

 

フラットに住んでいる場合

フラットのオーナーに頼んで書類を書いてもらう。

もしくは銀行まで一緒に同行してもらい住所の証明をしてもらう。

 

私は日本からフラットを探し、到着後すぐにそのフラットに住んでいたので、オーナーに頼み、口座を作ろうと思ったのです。が、、、

 

住所証明ができない【私の失敗談レアケース】

 

オーナーに頼んだところ、「3ヶ月この家に住まないと、住所証明はできない」と言われてしまったのです。

もちろんもしこのフラットがシティから近く、交通の便もよかったら3ヶ月住んで住所証明してもらうのもいいのですが、遠い遠い!

バスでシティまで1時間かかり、バス停までも歩いて15分はかかる。

道は全て急な坂道でお買い物でもしたら、大変です。

バスも1時間に1本という環境に3ヶ月はいられない!!無理だ!!

 

と思い、銀行口座もIRDもこのフラットのオーナーに頼むのは諦め、次のフラットを探すことにしました。(到着1週間の間の出来事です)

 

こんなにすぐに行動できたのは、すでに1ヶ月住んでいたフラットメイトのおかげで色々教わりました。本当にありがたい!!

 

こういったルールは銀行が指定していることではなく、このフラットのオーナー個人が設けたルールです。なのでこうゆうことはあまり無いらしい・・・

 

すぐに行動!すぐ対処!!

f:id:nokakamon:20180415145320p:plain

そしていち早く動いた理由があり、それは

到着後6週間を過ぎるとIRDナンバー申請に必要な書類が増える」からです。

またIRDナンバーが届くのに2〜3週間かかることも考えると、早めに申請するのがベストだと思いました。

(資金もない中で、私は渡航したのでお金がそこを着くまえに働く必要があった)

 

すぐ働きたいワーホリさんへ!

今回の私のケースは稀なことですが、フラットのルールはオーナーによって様々。

すぐ働くつもりなら、必要なステップや書類はもちろん全て早いうちに、確認をしておくことが大切です!

私の場合はオーナーに住所証明のことをあらかじめ聞いておけばよかった。

(一応、渡航前にフラットのルールは聞いたんですが、ね)

 

働くならどうゆう場所がいいかもよく考えるといいかもです!

例えば、

  • シティからの距離とかかる時間
  • バスの本数
  • バス停の位置

あと車で15分はバスで15分とは違いますよ!

バスはバス停に止まりながらなので、車より時間めっちゃかかる。

フラットの掲示板見るときも気をつけてくださいね!

 

徒歩15分も、坂道15分かもしれないので!笑

 

まだ銀行口座も作れてない私ですが、みなさんNZワーホリ生活楽しんで!