服のしろ

nichijo

大学2年休学、NZへワーホリ

バッパーに泊まったらめちゃくちゃ楽しかったので魅力を伝えたい

 

いよいよ、はじまりました!

はじめてのバックパッカーズ生活1日目。

 

控えめに言って、めっちゃ楽しいっ!!

 

わたしみたいな人にはおすすめしたいので、
バッパーの魅力をご紹介しますね!

 

 

バックパッカーズの魅力

本当に楽しいし快適で自分自身めっちゃびっくりしてます。

 

①誰かと気軽に話せる環境がある

まず、話し相手がいること。

 

これはフラットのオウンルームの方は多いのではないでしょうか?

わたしも今までフラットのオウンルームで生活してきました。

 

が!!

一人で部屋を使える分、誰かと話す機会が少なく、正直さみしかったです。

 

一方バッパーだと、どこかで必ず誰かと会いますし、英語であいさつや会話ができます。

 

わたしは英語の練習のために、街でいきなり知らない人に声をかけたりしてましたが、正直少しハードルが高く、なかなか話しかけられないこともありました…

 

でもバッパーだと「ご飯何作ってるの?」やら「どこ行くの?」など、自然な流れで会話ができるので気軽に英語でだれかと話せます

 

 

②気を使わなくていい

バッパーは、それぞれが気を使い過ぎない雰囲気があります。

特に日本人が少ないバッパーでは、それぞれの価値観が異なるので、多少騒がしくとも、多少汚くとも別にいいや!となります。笑

 

正直、日本人のフラットだと

 

「すべてを綺麗に使わなくては!」

 

というので気疲れしてしまってました!

(わたし自身、若干潔癖のくせにね)

 

わたしみたいなズボラにはちょうどよく感じます!笑笑

 

 

③友達がつくりやすい

これは①にも関わりますが、話しやすい環境があるため、友達も作りやすい!

 

恥ずかしながら、ニュージーランドで日本人以外の友達が1人しかいなかったですが…

 

バッパーにきて初日で、あした夜ごはんをルームメイトが作ってくれて一緒にみんなで食べることになりました!わーい!

 

イタリア人のシェフなので、きっと美味しいだろうなぁとワクワクしてます!

 

バッパーこんな人にはおすすめ!

  1. だれかと英語で話す機会がないひと
  2. 細かいことが気にならないひと
  3. 外国の友達が欲しいひと

 

バッパーの選び方のポイント

個人的に

日本人が少なくキッチンが綺麗なところ

 がおすすめです!

 

 

わたしは英語を話せるようになりたくて
ニュージーランドにきたというのもあるので
できるだけ英語環境がよかったです。

また、キッチンは綺麗なところを選ぶこと。
まずはキッチンの綺麗さをチェックするのが
バッパー選びの一つの基準です!

あまりにも汚いところで生活は、ストレスがたまりますので
そこはよく選びましょうね。