服のしろ

nichijo

大学2年休学、NZへワーホリ

大学生は大学の近くに住むべき

f:id:nokakamon:20180118215043p:plain

通学時間は短いほど、生活は充実する!

 

大学まで片道2時間、往復4時間。

大学四年間で、私の通学に要する時間は

164日。

一年のおよそ半分。

その半年間を私は電車で過ごしていることになるわけです。

 

1日の約6分の1が通学に費やされている。

その結果、私はどうなったか・・・

それは、「大学をサボるようになる」のです!!!

 

もしあなたが授業にバイト、そしてサークルと

大学生活をエンジョイしたいならば

「通学しやすさ」は最も大事な大学を選ぶ基準になるかもしれない。

 

 

私のリアルな通学事情

f:id:nokakamon:20180114231421j:plain

 

・家から大学までドアtoドアで片道2時間

・電車では2時間の間、一度も座れない

・乗り換え2回

・大学の最寄りの駅から大学まで徒歩25分

 

 

往復4時間の通学によって大学生活はどうなったか?

f:id:nokakamon:20180114233317j:plain

1年次の単位は1年間で「42単位」

フル単!素晴らしい。

 

2年次、1年間で「21単位」

 

42→21…

 

あれ?半分になってる?どうして?

そう、通学が面倒臭くて大学へほとんどいかなくなったからです。

サークルもサボりがち、あたりまえだけど、大学の友達もできない。

 

なぜ通学がめんどかったか?

  • 4時間はやっぱり長いし座れないのが辛い
  • 乗り換えが2回もある
  • 大学の授業がつまらない

 

4時間もずっと重い荷物を持って立っていなければならない。

そして、その4時間をかけるほどの面白い授業ではない。興味があったはずなのに。

ただ時間を無駄にしているという虚無感。

 

私がわざわざ往復4時間もかかる大学に進学した理由

f:id:nokakamon:20180101222924p:plain



その理由は「学部が面白そう」だったから。

高校3年生当時、興味を持っていた学部がほぼ唯一あった大学だったから。

 

同じように、学部学科で大学を選ぶ人が多いかと思います。

でもそんな人こそ少し待ってほしい!

 

興味があることは大学に入ってから変わってしまうこともある。

 

だから興味があるからだけではなく

通学のしやすさということも視野に入れてほしい。

というか、一番大事じゃないかと私は思う。

 

当時の私  ↓

やりたいこと、いきたい学部、

授業のためなら通学時間なんて

そんなの関係ないでしょ?wara

 

 通学を侮るなかれ。

友達作りの要となるサークルや飲み会などは

大学近くの場所で行われることが多い。

家が遠いと、参加できなかったり途中で

「私、終電だ…」といって

皆が盛り上がる中、一人寂しく帰るハメになる。

 

だからやっぱり通学時間や通学のしやすさは

とっても大事。

 

まとめ

f:id:nokakamon:20180118220648j:plain

  • 学部学科で選ぶのもいいけど同じくらい「通学しやすさ」も大事。
  • 自分の興味は変わっていく
  • 大学生活を思い切り楽しむなら、大学近くがやっぱり便利